関東島原半島会 > 第63回関東島原半島会 > 来賓祝辞
 
第63回関東島原半島会 来賓祝辞
久間章生元衆議院議員から祝辞をいただいた。
《 議員をやめて2年目。ご案内をいただき胸が一杯です。狭い会場や花山の冨田俊子さんらのことが思い出されます。雲仙普賢岳噴火災害では、関東在住のみなさんには大変お世話になりました。海部総理と土井議長を雲仙にご案内しましたが、その日はあの火砕流の前日でした。もし、翌日であったら・・・と。火砕流被害、土石流被害では損害保険の扱いが異なることもあり、どうやって全員を救うのか、長崎県知事や島原市長とともに、表には言えないような苦労をしました。私は、今回の東日本大震災ではいろんな形で応援をしてもらえるよう、NPO法人の設立を申請しました。本日は大震災への支援とともに大いに楽しんでください。》と20年前の雲仙普賢岳噴火災害のときのエピソードと関東島原半島会への思いを語った。