関東島原半島会 > 第63回関東島原半島会 > 開会宣言・幹事長挨拶
 
第63回関東島原半島会 開会宣言・幹事長挨拶
開会宣言は中道利治幹事長(島原出身)。
《 みなさん、こんにちわ。お忙しい中をありがとうございました。実は、3月11日の地震・津波・原発事故で「ちょっとできんかな?」とも思いましたが、役員会で「どがんやろかい?」と諮りましたら、「しょぼくれんで、元気出して行かんと・・。前向いて、是非やろう」となりました。まさに、ぎりぎりのタイミングでした。
今回の大震災とともに20年前の雲仙普賢岳噴火災害を思い起こし、今日は、とにかく、「元気を回復させ、一致団結する半島会」ということで、みなさん、ご協力をお願いします。では、第63回関東島原半島会を開催いたします!》と高らかに宣言した。