関東島原半島会 > 創立60周年記念大会 > ろくべえ、くろだご 南島原市商工会女性部深江支部
 
ろくべえ、くろだご 南島原市商工会女性部深江支部

南島原市商工会女性部深江支部の皆さんが郷土料理「ろくべえ」や「くろだご」を作りにやって来てくれました。昔ながらの素朴で懐かしい味です。「ろくべえ」は会場で大人気で800食が完食されました。

「ろくべえ」は、今から二百年ほど昔、普賢岳で大噴火が起こりました。深江村の名主「六兵衛さん」は主食である甘藷を干して粉末にし、お湯でこね、うどん状にしたものをだし汁で食べる方法を考え出しました。六兵衛さんが考案したこの食べ物は瞬くまに村中に広まり、その当時の食糧難を彼の知恵で乗り切ったと伝えられています。
「ろくべえ」と名付けられたこの食べ物は、今でも島原地方の郷土料理として大切に受け継がれています。

 
南島原市商工会深江支所   深江町商工会ブログ
〜六兵衛日記〜