関東島原半島会
       

関東島原半島会 > 関東島原半島会について > 会則

関東島原半島会会則

第1条 本会は、会員相互の親睦と福利の増進を図り、郷里の発展を期するこを目的とする。
第2条 本会の会員は、島原市及び南高来郡出身者並びにその縁故者とする。
第3条 本会の事務所を東京都内に置く。
第4条 本会は、毎年1回定時総会を開くほか、必要により臨時総会を開くことができる。
本会の決議は、出席者の過半数による。
第5条 本会に次の役員を置く。
 
会長 1名
副会長 若干名
幹事長 1名
副幹事長 若干名
事務局長 1名
事務局次長 2名
会計幹事 2名
監査 2名
幹事 若干名
会長、副会長、幹事長,副幹事長は、総会において選任し、その他の役員は、会長が委嘱する。
本会には、名誉会長、相談役、顧問を置くことができる。
第6条 会長は、本会を代表し、会務を総理する。
副会長は、会長を助け、会長が事故あるときは、これを代理する。
幹事長は、会務遂行のため幹事会を招集し、会務運営につき協議する。
副幹事長は、幹事長を助け、幹事長が事故あるときは、これを代理する。
事務局長は、本会の事務を行う。
事務局次長は、事務局長を補佐する。
会計幹事は、会の会計収支を行い、総会で報告する。
監査は、会計収支を監査し、収支決算は、総会で承認を受ける。
第7条 役員の任期は、2年とし、再任を妨げない。
第8条 本会の経費は、会費及び寄附による。